読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2008/10/26(日) 午前 2:04


鬱々な気分が増すので、気分の悪い方は見ないでください

 

 

 


最近は物忘れが酷く、始めたゲームの名前・ゲームの中で仲良くなった人の名前や会話など…

ど忘れや物覚えの悪さなど激しいです

ですが、病気になる前の過去の記憶は鮮明です

母が亡くなったきっかけで記憶がよみがえり、

その記憶が鮮明で自分の犯した罪に感じられています

 

私が初めて勤めた会社の同僚のOさん

年明けの仕事始めの日に、具合が悪そうで客先回りしないで机で休ませてました
聞けば正月に頭をハンマーで殴られたような痛みがあって、それ以来ちょっと具合が悪いそうです
会話にロレツが回らなくなってきて、左半身に力が入らなくなってきたというので救急車を呼びました
到着する頃には左半身の表情筋?も力が入らないようでダランとなってました
そして1週間後に亡くなりました…

単身赴任で何ヶ月かした時に仲良くなった友人Aの友人B

友人Aから突然連絡が入り、友人Bがいなくなったので一緒に探してほしいとの事
10人くらいで18時から探し0時に諦めました
嫌な予感?雰囲気?がしてもう少し探そうと提案しましたが、
皆さん翌日も仕事なのでということで解散
翌朝、散歩してる人に木からぶら下がってるとのことで亡くなりました…


父の仕事仲間であり友人だったTさん

私が中学に上がる頃には、よく家に来て一緒に食事をし、
たくさんのお小遣いも貰っていました
会社が倒産し、新しく仕事仲間で連れ添って仕事を始めた父達
その中にはTさんの姿は無く、父も母も心配で求人広告で勧めたりもしてました
倒産後も食事にはちょくちょく来ていましたが、
金管理も母がやっていましたが、底を突いたようでお金を渡していたそうです
ある日、10万貸してという言葉が耳に入りそっと覗いていました
うちもこれ以上は厳しいと断り、元気を無くしたようでお世話になりましたと出て行きました
私は追いかけて玄関のドアに手をかけましたが、
父は、そんなに弱い人じゃないからと私を制し、胸騒ぎがする中留まりました
翌日の朝、裏切られた…もう誰も信じられない…という手紙を残し、ベランダで発見されました
その翌日に下の子が生まれ、気持ちが少し楽になったと父は言いました…

母が亡くなる前日

夫婦間の事で相談に乗ってもらおうと、夜9時に声をかけましたが、
サウナ行った後なのに具合悪そうでしたので翌日にしようと…


他にも色々な過去のたらればはありますが、くどくなるのでこれぐらいで…


もし早く救急車を呼んでいたら…
近くまで行っていたので、もう少し探していれば…
あのとき父の制しを振り切って、少しでも話ができていれば…
具合悪そうな母に話しかけていれば何か感じたかもしれないのに…

母の死をきっかけで、今まで出会った死は全部自分のせいだと置き換えられました…
それまでは仕方ない、自分ではどうにもできなかったんだと割り切れていたのに…
誰のせいでもないと思い込んでいたのですが、全部背負い込んで自分で自分を苦しめてる…

今でもそれらのたらればは鮮明に残っています…

書くと鬱々が増すので今まで書けませんでしたが、
今なら大丈夫かなって思っていたのにやっぱり鬱々な気分に…